初めて水彩セットを使いました。

6月15日(金)

図画工作の時間に、初めて水彩セットを使いました。

水を入れる筆洗の置き方や絵の具の混ぜ方を学び、早速絵の具を混ぜる子供たち。

「青と緑だけで、14個も違う色が作れたよ!」

「赤と青を混ぜたら紫色になったよ」

いろいろな絵の具を混ぜて、きれいな色がつくれたときには歓声があがりました。

次回は、いよいよ自分の「びっくりたまご」に色をぬります。

どんな「びっくりたまご」になるのか、わくわくしますね。

 

 

学校保健委員会を開催しました。

6月1日(金)に「時間をコントロールしよう~放課後の時間の使い方~」をテーマに学校保健委員会を開きまし  た。講師には昨年度に引き続き、富山県総合教育センターから亀島正吉先生をお招きし、メディアの使い方を中心に時間をコントロールする方法を教えていただきました。また、保健委員会はクイズや寸劇で、みなみっ子の時間の使い方の様子を伝えました。

今後も子供たちがメディアと上手に付き合い、自分で時間をコントロールできるような取組を進めていきたいと思います。

  

4年 ふるさと学習

6月13日(水)、4年生のふるさと学習がありました。

今年度のテーマは、「上市町の自然・スポーツ体験」。

上市の大自然の中、様々なスポーツを満喫しました。

カヌー体験

インストラクターの指導の下、最初は怖いようでしたが、だんだんパドルを上手に使えるようになり、楽しそうにカヌーを操っていました。

 

パークゴルフ体験

 

 

 

 

 

 

これも指導員さんがルールも含め細かく教えて頂き、初めてなのにスコアまでつけて頂きました。子供達も、打つごとにコツをつかんでいったようでした。

 

ハゲ山登山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達同士で励まし合いながら、頂上を目指しました。大変だったからこそ、頂上で見た景色も美しく見えたのではないでしょうか。天気も、最後まで何とかもちました。

 

町内の学校の友達とも仲良くふれあっている姿が見られました。子供達にとって、これからもずっと大切にしていきたい「ふるさと」の魅力に、また一つ気付くことのできた日でした。

 

6年生から発信します「雨の日の遊び方」

6月12日(火)のにこにこ集会で6年生が全校に向けて、発表をしました。

内容は「雨の日の遊び方」

下級生が廊下を走り、けがにならないために自分たちができることを考えた際、自分たちが声をかけるだけではだめだと気付きました。そこで、学校のことを一番知っている自分たちが遊び方を考えて提案することで、下級生が安全に楽しく生活を送ることができると考えました。

 

発表後、下級生から「早く遊びたい!」「いつするの?」という声が聞こえてきました。

実は、この発表のシナリオ(伝えたい言葉や分かりやすい動き)と提示資料(パワーポイント)は子供たちが作成しました。その他にもポスターや会場づくり等もしました。6年生の頑張りに驚きました。その姿を見て、6年生が、これからも全校のために動いてくれると確信することができました。

やさいのなえをうえました。

5月11日 畑に自分で育てたい野菜の苗を植えました。2年生が 選んだ野菜は、キュウリ、ミニトマト、トウモロコシ、オクラ、ナス、枝豆、ピーマンです。おいしい野菜の収穫をめざして、観察や水やりなどのお世話を続けていきます。早くも花が咲いて小さな実を付けた野菜もあり、畑へ行くことを楽しみにしています。

 

1 2 3